学校図書館マイスター協会とは

学校図書館法に定める学校図書館に関わる全ての人(司書教諭、学校司書、ボランティア等、学校図書館に関わる教育者や関心を持つ全ての人達)を対象として、カリキュラムを用いて学校図書館教育・業務に必要なスキルを高める事を目指しております。

学校図書館教育・業務に必要なスキルを評価する基準として「学校図書館マイスター」と定め、学校図書館のより良い発展に寄与することを目的としております。

認定試験内容

協会の設立理由

学校図書館教育・業務において必要とされるスキル・知識と公共図書館業務において必要とされるスキル・知識は、必ずしも一致するわけではありません。

学校図書館に関わる全ての人がその教育・業務に必要なスキル・知識を保有していることを保証する基準「学校図書館マイスター」を構築する必要があると考え、一般社団法人 学校図書館マイスター協会を設立しました。

PAGETOP